年に一度産婦人科検診を受けるメリット

Pocket

女性特有の乳がんや子宮がんなどは、発症しても初期段階では症状などが出なかったりわかりにくいものが多いため自分では気がつきにくいものです。そのため婦人科検診を受けて発症が見つかるといったケースも少なくありません。婦人科検診を定期的に受けるようにすることで、乳がんや子宮がんは早期に発見することで、早期治療ができそれによって完治できる可能性も高い病気ですし、発症の前兆を見つけて発症するのを防ぐことができます。また乳がんや子宮がんなどだけではなく、感染症や生理痛、生理不順、更年期障害など女性特有の様々な悩みを解消することができるというメリットがあります。そういったメリットがあるとわかっても一度も婦人科検診を受けたことがない場合には、どのような検査をするのか不安に思うかもしれません。婦人科検診ではまず問診表に普段の生活習慣や生理周期、妊娠・出産経験、これまでにかかった病気などを記入します。その後、記入した問診表を基に医師と話をしながら視診や触診、内診が行われていきます。初めて婦人科検診を受ける際に不安に思うのは内診です。内診では内診台にのって膣内の細胞を摂取したり、膣から内視鏡を挿入し子宮内部の様子をみます。内視鏡を挿入する際は違和感があるかもしれませんが痛みなどはありません。恥ずかしいという気持ちがあるかもしれませんが、カーテンなどで上半身が仕切られているので検査中に医師と顔を合わせることもなく、検査自体時間がかかるものではないので心配は要りません。年に一度婦人科検診を受けることで女性特有の病気を未然に防いだり、様々な症状を相談でき症状を改善できるきっかけになります。